スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業?経済の基本の前の入門書




お金を増やすための3つの方法、
「稼ぐ」、「貯める」、「殖やす」について、
バフェットを題材に分かりやすく教えてくれる本。
さらに保険の「備える」、税金の基本まで網羅していて、
1時間もあれば読み終わる軽さです。
「経済なんか全く知らないよー」という人が
最初に読むには良い本だと思います。
巻末に紹介されている本が基本書なら、
これはさらにその前の入門書、導入本。
ある程度知っている人なら物足りない本でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

朝、出勤前に月30万円稼ぐ!「商品トレード」超投資術?やはり手書きチャートか。



商品先物についても勉強してみたかったので、
評価が高かったこの本を買ってみました。
「限月」さえよく分っていない初心者の自分には分りやすい内容でした。
そして鞘取りについてさらに深く勉強してみたいと思った本でした。
先物について何も知らない人ならここから読んでみるといいと思います。
別に知っていて買ったわけじゃないんですが、
今月のBIG tomorrowにこの人の記事がありました。

具体的に取り入れようと思ったことは、

手書きでチャートを書いて、相場の動きをよく知る。

という点ですね。

元々ユーロだけを考えていたんですが、
ポンドもやってみようと思っています。
まだ手書きのチャートは試行錯誤の段階なんですけれど。

それと商品先物を勉強するには、林輝太郎先生の本になるんでしょうか。
商品先物はまだまだこれからといったところです。

アファメーションを声に出して読もう!


テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

気づきの投資術ー100回売買でルールの正しい運用を身につける。



投資日記フェスティバル2008の公演を聴いてから、
注目している投資家の新田ヒカルさんの著書です。
すぐにでも読みたかったのですが、amazonが在庫切れだったので、
少し遅れました。

これから投資をしようという方、
投資で中々成果を上げれていない方
にとって大事な投資の心構え、考え方が満載な本です。

著書の中にはこう書かれています。
「よいルールが利益をもたらすと考える人がいますが、
実際はルールの正しい運用が利益をもたらす。」
以前は私も良いルールさえあれば、儲かるだろうと思っていましたが
それはやはり違うということを去年思い知らされました。

この本はルールの正しい運用をするにはどうしたらいいのかと言うことを
親切丁寧に教えてくれています。

私が参考になった点は、

ディシプリン(規律)の部分です。
「ディシプリンと言うのはルールと言うより戒律に近い概念です。」
この言葉は特に胸にささりました。
私自身ルールを決めても相場に合わせて揺らいでしまっていたので、
全く、守れていなかったことを実感させられました。

そのための対策として
この本に書いてある100回売買を忠実に実行しようと思います。
そして一覧表をつくり、ディシプリンが守れているかチェックする。
100回連続ディシプリンを守り、かつ利益をあげられたら、ロットを上げる。
3ヶ月ごとにルールを改善する。
これを繰り返していきたいと思います。

この本にも投資の仕組みを知る上で、
論理学と統計学の重要性も挙げています。
放置していたこれらの本を読み始めなくてはいけませんね。

アファメーションを声に出して読もう!

★★

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる?この下落相場での最適な投資法とは



最近になって読んだ本。
もっと早く読んでおけばよかったと後悔するくらい良い本でした。

上昇トレンド・持ち合い・下降トレンドの特徴と
三つの局面での最適な投資法について
簡単に分かりやすく教えてくれます。

短期でも長期でもトレンドが大事だということを再認識させてもらいました。

今のトレンドでは材料株・仕手株の短期トレードをメインに、
優良株の長期保有は見送ったほうが無難ということですかね。

この下落相場でそろそろ投資のタイミングかと思っている人は
この本を読んで参考にしてみてください。
私が思うに、軽くやってみようと思うぐらいの方は、
上昇トレンドの特徴を確認できてからETFを買うのが一番なのでは。




私の取り入れとしては

日経平均等の全体のトレンドをチェックしてトレードに臨む。

下降トレンドのときは中長期投資を控える。

材料株のトレードについて自分なりの仮説を立ててみる。
(最近のファーストリテーリングなどを参考に)

です。








テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

初心者にもできる大バケ株を掘り当てる3つの法則?サラリーマン投資家はこのアイデアを参考に



2008年、ファンダメンタル重視の投資をされた方は、
良いパフォーマンスを上げられなかったと思います。
ファンダメンタル重視で投資しても
どうしても勝てない時というのはあります。

題名の通り、この本はどんなタイミング、
どんなサインで投資すれば、
2倍、3倍、10倍株を捕まえられるか簡潔に教えてくれます。

特にサラリーマン投資家の方など、
長期のスタイルで採るしかない方は
是非知っておくべき内容でしょう。

この本で一番の重要ポイントは

トレンドは継続する習慣がある。
一度トレンドが生じると、結構長い期間続いている。

という点です。
つまりはトレンドが生じたと認識してから動いても
遅くはないということです。

私はこの本が有名でないのが本当に信じられません。
amazonでも新品の取り扱いしてないですし。
だからこそ、この本のアイデアを知っている人は少ないはず。
知ってるだけでかなりの違いが生まれるはずです。
新刊の株本よりも、まずはこの本を読んでみてください。
値段以上の価値は間違いなくあります。

私の取り入れは

下方修正を繰り返していて、上方修正を発表した会社をチェックする。

上昇トレンドに乗っていく銘柄を購入する場合、
2/3を高値で買って、1/3を押し目で買う2段構えの戦法を採ってみる。

などです。

アファメーションを声に出して読もう!

★★

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。