スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチロー式集中力



最近、色んなことに気が散ってしまい、
作業の進み具合が格段に遅くなっているので、
集中力の本を読み漁ってます。
その中の一冊、「イチロー式集中力」。

再確認した点は、

整理整頓をしっかりする。
その際のキーワードは
「1つずつ」、「丁寧に」、「最後まで」

新たに参考にした点は、

集中していないから視点が定まらない

視線を固定できれば自然と集中できるようになる。
と言う理論展開で、
プレッシャーにおかれたら、まずは視線を固定させる。
あくまでも仕草が主役であり、気持ちは脇役と考える。

と言う部分です。

後は他の本と重複したりしてる部分が結構あります。

全体として、簡潔に書かれていてとても読みやすい本だと思います。
私と同じように仕事の進み具合が遅い人は参考にできる部分があるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

3秒間!脳内整理術?レバレッジメモ作成再スタート第1弾



最近読みっぱなしでレバレッジメモ作成を怠っていたので、
頂いた本で再スタートを切ることにしました。

にこまる図という新しいスタイルの情報整理術を提案されています。
にこまる図自体が合うか合わないかは人それぞれだと思いますが、
本の内容は情報整理や情報の捉え方について参考になる点が多くありました。

私が参考になった点は、

事実と解釈は分離可能なものですから、
過去に起こった出来事の解釈を変更すればいい。
過去を過去に感じた解釈ではなく、
今現在、そして未来から見たときの解釈で、
新しく上書き保存すればいい。



電車で見ず知らずの人と人とを比較して遊ぶ。
二つのものを組み合わせる練習、二つのものから共通点を探る練習、
二つの物を入れ替える練習をしてみる。

です。
この二つが特に取り入れて使いたい点でした。
効率化を図りたい人は本書の様々なアイデアを参考にできると思うので、
目を通してみて下さい。


アファメーションを声に出して読もう!

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

TIME HACKS!?年間目標をデスクトップの壁紙にしてみる。



最近すっかり食べ物ブログになってしまっているので、
たまには本の話を。
サブプライム関連本も4冊目に入っています。
アナリストの勉強になるかは疑問ですが、
サブプライムに関しては大分理解できてきました。

今日は気分転換に違う本を。
ということで、小山龍介さんの「TIME HACKS!」を読みました。

89もの効率化のアイデアが入っていてたったの1500円。
お買い得な本だと思います。

自分が参考にしたのは、
携帯電話に「やること」が待ち受けるの部分です。

自分はパソコンの前に座っていることが多いので、
年間目標の紙を撮った写メをパソコンの壁紙にすることにしました。
机の前にも貼ってありますが、
こっちのほうが大画面な分、迫力ありますし、
3画面あるのでどこを向いても目標が目に入ります。
これでさらに意識付けをしたいと思います。
たまにはアファメーションに変えてみるのもありかもしれませんね。



アファメーションを声に出して読もう!

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

最強の集中術?もっと濃い時間をおくりたい人は



やる気を失わないようするにはどうしたらよいか、
やる気を取り戻すにはどうするべきか、
そのためのアイデアを沢山提案してくれている本です。

メンタル面に特化した仕事術・効率化の本ともいえるでしょう。

私もこの本から日々の習慣に取り入れたアイデアがあります。

その一つが有名な引用句の活用です。

アファメーションの次の頁に
心を熱くさせる引用句集を作っています。

この本出てくるゲーテの
「行動を起こせば心は熱くなる、取りかかればその課題は成し遂げられる」
は私の引用句集の一つになってます。

他の私の取り入れは

タスクに行き詰ったらそのステップを二つに分解してみる。

成果より努力を重視した目標設定を行う。
「○○万円稼ぐとかより、○○万円稼ぐ見込みのある手法の開発」

自分は今何をやっているか?と問いかけてみる。

3項目の「やることリスト」の作成

などです。

もっと効率よく時間を使いたい人、
よく考え込んでなかなか仕事がはかどらない人は
是非一読してみてください。

皆さんも一つは自分の習慣に取り入れてもいいな
と思うアイデアがきっとあると思います。

アファメーションを声に出して読もう!

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

一点集中力?一点に集中するノウハウは、結局捨てるノウハウ




子供の頃から注意力、集中力が足りないと
言われてきた人って結構多いんじゃないでしょうか。
自分はそうでした。
ですので、珍しく本屋で衝動買いしてしまった1冊です。

集中力を高めるアイデア=効率的に作業を進めるアイデア
が沢山載っています。

仕事術などの本を読んでいる人は
結構知ったような内容も多いですが、
参考になるポイントも結構あります。

私は
大き目の付箋に優先順位を書き出し、
一つのタスクが終る度に一から書き直す

というアイデアは一見非効率に見えて
中々ためになるアイデアだと思いました。


自分の取り入れは

一対象について全項目チェックするやり方より、
一つのテーマに絞ってチェックするやり方で物事を進める。

手帳、そして大き目の付箋に
今日のページにやるべきことを
優先順位順にすべて書き込む。
そしてその中の一つが終わる度に、
付箋全体を新しく書き直す。

「集中できない理由」を紙に書き出して、
「気になること」を顕在化させる。

です。

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

非常識な成功法則?やりたくないことを書き出してみる



神田昌典さんの本、2冊目です。

この中の

成功者が述べる成功法則のなかには、
成功した人がさらに成長するための法則が多いんだ。
凡人は真に受けちゃ駄目。
優先順位が違うんだからかえって逆効果。

って部分はグサッときました。

確かに思うところは結構あります。

この本にもアファメーションについて書かれてます。
SMARTの原則やお金をコントロールする3つの原則なんかも
知っておく価値はあります。

私のこの本からの取り入れは

起床時、就寝前にはアファメーションを必ず眺める。
よく手に取るようにお気に入りの手帳(NAVAのNEW SOFT)
を買い、それに書き込む。

読書の際、後頭部の上あたりの一点に、意識を集める。

やりたくないことをしっかり考え書き出し、やりたいことを明確にする。
目標を達成するためにしなければならないことを
どんな小さなことでもいいから、とにかくできることを書く。
どんな小さな行動でもいいから、行動できることを書く。
SMARTの原則で書く。

自分の成功ストーリーを詳細に思い描き紙に書く。

ことです。

アファメーションを声に出して読もう!

★★








テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

「続ける」技術?三日坊主を卒業!!



これをやろうと決めたものの中々継続できないことって多いですよね。
自分は日記とか、ジョギングとか読書もそうでした。
ただこれを読んで、読書は継続してできるようになりました。
何かをしたいけれど、続ける自信がない人は、
これを読めば少しは参考になるかもしれません。

ポイントは
不足行動を増やし、過剰行動を減らすことです。
不足行動は、細かな達成ラインを引き、フィードバックすることも忘れない。
過剰行動は、その行動をする上での障害を作る。

色んなアイデアが詰まってますので、
参考にできる部分が必ず一つはあると思います。

私の取り入れは

mixi、ニコニコ動画をよく見てしまうので、
毎回ログアウトし、パスワードを打たせるようにすることで、
過剰に見ないようにする。

よく見るサイトをブックマークから外し、
livedoorReaderで更新されたもの以外は見ないようにする。

漫画、雑誌を自分の部屋には置かない。

机の中には手帳、トレードノートのみを入れ取り出し易くしておく。

読書は読み始める前に50P(大体1章)ごとに区切って時間配分を決め、
それを1タスクとして扱う。

などです。

アファメーションを声に出して読もう!

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

ドラゴン桜-いまさらですけど



ある本にドラゴン桜のことが書いてあったので、
気になって読んでみました。
今、5巻まで読みましたが、
自分が今まで読んできた本に書かれていた仕事術、
効率化のアイデアが受験用に書かれていて驚きました。
特に5巻の芥山先生の国語の授業は参考になりました。
これらの勉強法を自分の生活に活かすよう考えると面白そうです。


テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。