スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルーツで野菜で! 生ジュースダイエット?ジュース生活を始めたくなったら




フィット・フォー・ライフを読んで
フルーツ&野菜ジュースを作る気になったら、
この本をおススメします。
おススメジュースのレシピと一緒に詳しい効用も書いてあり、
ジュース生活を一層楽しいものにしてくれます。

私は今のところフルーツジュースばかりで、
野菜ジュースはにんじんジュースしか作ってませんが、
この本を読んでアスパラガスのジュースに興味を持ってます。
ジューサーを買う気になったらこの本も是非買ってみてください。

料理が好きな人は下のローフードがおススメです。
デザートのレシピもそれなりに載っていて、
ニンジンの搾りかすを利用したキャロットリサイクルケーキは
興味が湧きました。




アファメーションを声に出して読もう!





さらに知識を広げ、理解を深めるためにおススメの関連本

医者も知らない酵素の力

フィット・フォー・ライフ★★★

ナチュラルダイエット

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

医者も知らない酵素の力?今までの「思い込み」の食生活に会心の一撃を与える本



フィット・フォー・ライフと同時に読んだ健康本。
酵素がいかに重要なものかを様々な実験データに基づいて
これでもかと教えてくれます。
フィット・フォー・ライフと一緒にこれを読めば、
今までの食生活の「思い込み」を完全に打ち砕きます。
フィット・フォー・ライフを読んでも
まだ野菜、果物生活に切り替える事をためらっている方、
この本を読めばKOされます。
そのくらい色々な方面からの酵素の実験検証・考察が語られています。

大事なのは加熱処理されていない「生」の食物をどれだけ摂るか。
体中の組織や細胞に備蓄されている酵素は無制限にたくさんあるわけではなく、
必要なだけを使うようになっている。
この本を読めば、
どれだけ酵素を無駄遣いしない生活をすべきかを考えることになるでしょう。
フィット・フォー・ライフと一緒に読んでください。


アファメーションを声に出して読もう!








さらに知識を広げ、理解を深めるためにおススメの関連本

フィット・フォー・ライフ★★★

ナチュラルダイエット

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

フィット・フォー・ライフ?世界中で1200万部以上売れた食生活におけるバイブル



今までダイエットをする度にカロリーを中心に食生活も考えていましたが、
この本を読んで根本的に食生活を改める気になりました。

結論を申し上げると、

人間は元来果食動物(フルータリアン)である。
果物や野菜などの加熱処理されていない水分の多く含んだ食べ物を主食とし、
私たちが普段食べている凝縮食品(パン、米、肉、魚、乳製品など)は
30%に抑えるようにすべきだということです。
そして、果物は胃が空の状態で食べる。
特に朝はフルーツジュースと果物にする。

他の「ローフード」や「酵素の力」「フルーツで野菜で!生ジュースダイエット」を読んで、
酵素を中心とした食生活の重要性を深く知ることができました。
特にこの本は全540Pもの膨大な量ですが、
いかにして果物や野菜が私たちの体に良い効果をもたらしてくれるのか、
いかに私たちが普段食べているパン、米、肉、魚、乳製品などの凝縮食品が、
体に多大な負担を強いているのかをしっかりと説明してくれています。

そして、私たちが持っている「思い込み」さえ捨て去れば、
病気とは無縁な健康的な生活がおくれると教えてくれます。

私はこの本を読んで、取り入れる価値のある食生活だと判断しました。
そして早速、ジューサーを買って実践しています。

P1000493.jpg

イキイキ酵素くんパワフルジューサーです。
冷蔵庫の中はみかん、りんご、バナナ、ニンジン、
パイナップル、グレープフルーツなどで一杯です。
減量の成果が出たらまた報告します。

皆さんもこの本を読んで、フルーツ生活を取り入れてみてはどうでしょうか。

取り入れ

果物と野菜中心の食生活を取り入れる。
一日一杯、生ジュースを飲む。
朝はフルーツジュース、果物のみ。
果物は胃の中に何もない状態で食べる。

新年を迎えて何かを変えようかと思っている方、
フルーツ生活を取り入れてみてはいかがでしょうか。

アファメーションを声に出して読もう!


★★★






さらに知識を広げ、理解を深めるためにおススメの関連本


医者も知らない酵素の力

ナチュラルダイエット



テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

ナチュラルダイエット?レコーディングダイエットが向いていないならこの方法で痩せてみよう。





最近読んだ本ですが、
一時ブームになった朝バナナダイエットの
基になってるような本と言ってもいいような内容でした。

「朝食には果物だけを食べる」というかなりシンプルな提案。
少なくとも11時、できれば正午まで果物以外は我慢する。
これなら、できる人も多そうです。

後、乳製品を過剰摂取しない。
でんぷん質食品とたんぱく質食品の食べ合わせに注意など
他にもためになるアイデアが詰まっているも
簡潔にまとめられ、非常に読みやすいです。

私もこの本を読んで、
朝は果物に切り替え始めています。
食べるのはみかん、ばなな、りんごがメインですかね。

たんぱく質食品とでんぷん質食品の食べ合わせに注意して、
サブウェイでもアボカドべジーをメインに食べてます。

健康ネタ第2弾でした。

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

いつまでもデブと思うなよ?これを読んで-7kgに成功



私が読んだ初めてのダイエット本です。
ブログに何回か載せてますが、私は甘いもの、
美味しいものが大好きで外食三昧です。
しかし、トレード生活でそれほど動かないため
体重は増える一方で、一時は身長169cmに対して75キロでした。
でこの本を読んで、体重70キロを3ヶ月で63キロまで落とすことに成功しました。
ま、この本のおかげだけではないんですが、
大きな要因の一つであったことは間違いないです。

本のメインテーマは
食べたものを記録するレコーディングダイエットについてです。
簡単に言うと、書くことによって、冷静に自分の食生活を把握でき、
無意識に太る行動を避けるようになるという内容です。

その書くことが大事ですが、
私はこの手帳に書くことで継続して書けるよう工夫してます。
最初は食事用のメモ帳をもってましたが、
やっぱり、普段から書くものを一つにまとめておけば何かと便利ですし。
それと書くことによって、
カロリー表示のあるものを取るようになって、
それもダイエットの役に立ったかもしれません。
効果は間違いなくありますが、
一番のポイントはどう継続して書くようにするかでしょう。
それさえ、できれば現状より確実に減らせるはずです。

それと私が減量期間に食べていた組み合わせをいくつか紹介。

カゴメデリ、ピアット+あさげ、キムチ。
ピアット+男前豆腐
セブンイレブンのおでん三種(こんにゃく、白滝、大根)
特にこんにゃくを味噌こんにゃくで。
サブウェイのアボカドベジー(レタス、トマト多目)
おにぎり一つ+スープ春雨(坦々味)

デザートには
杉丸物産のくず湯(抹茶)が最近のブームです。

アファメーションを声に出して読もう!

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。