スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツキの法則?新しいトレードアイデアがこの本から生まれました。



昨年の秋頃読んだ本ですが、
今日、ふとこの本にあるアイデアを使って、
新しいトレード手法を完成できたので、
記念に紹介したいと思います。

この本は、ツキとは統計上のゆらぎであると定義し、
どうしたらギャンブルにおいて大負けしないで済むかを教えてくれます。

それに統計・確率を
ギャンブルという観点から楽しく勉強できる本だと思います。

必勝法と呼ばれるものはその性格によって3種類に大別できる。
それは、リズムに関するシステム、変数に関するシステム、
マネーマネジメントに関するシステムです。

今回私が今の手法を改良するアイデアを思いついたのは、
この中のリズムに関するシステムです。
改めて読み直して、逆マーティンゲールも使えるかもと試行錯誤しています。

今までにない画期的なアイデアというほど
素晴らしいものではありませんが、
既知のアイデアの組み合わせで、
さらに良いものを生み出すことができて結構嬉しいです。
これだから読書はやめられません。

私のこの本からの取り入れは、

連勝、連敗は、統計上必然的に起こる現象であり、
それをツキだと思わず、統計上の必然と考える。

ギャンブルしたくなったらセルフ胴元ボックスを使うのを検討してみる。

テンパーセントシステム、逆マーティンゲールシステムを
トレードに取り入れられるか検討する。

です。

アファメーションを声に出して読もう!



スポンサーサイト

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

モニタ購入でトレード環境UP?ACER X263Wbid

desk.jpg

買っちゃいました、モニター!!
しかも2枚。

カカクコムで調べたら、PC DEPOTで
25.5インチモニタが3万円以下で買えたという情報が載っていたので、
早速近くのPC DEPOTに行ってみました。

そうしたら200台限定で29700円で売っていたので、
限定に弱い私はすかさず購入を決意。
札をもってレジに行くと、それはお取り寄せカードだったらしく、
在庫が、展示品限りといわれてしまいました。
しかし、展示品でもと思っていたら、
少し不良があるらしく、
画面を消したら白になってしまうとのこと。
ガーン
さすがにそれでは買えません。

で、取り寄せは可能なのか聞いたら、
メーカーの一括購入での割り引きなので、
取り寄せは厳しいとのこと。
「だったら他店舗はどうですか」と尋ねたら、
問い合わせしてくれて西新井店にあることが判明。
もうこうなったらと西新井まで行って来ましたよ。
で2枚買いましたよ。

3枚全交換してやろうかと一瞬考えましたが、
そ最後の一枚はもっと儲かってからのご褒美にしようと。

感想としては、
通常のサイトを見るのには、
このサイズはいりませんね。
ただトレードは監視銘柄がよりはっきり見えるようになり、
大分やりやすくなりそう。
明日からのトレードが楽しみです。

テーマ : モニタ - ジャンル : コンピュータ

キャトーズジュイエのガトーショコラ

キャトーズジュイエ

昨日、無性にロールケーキが食べたくなって、
近くで美味しそうな店を探して買いに行きました。

「キャトーズジュイエ」
支店が東京の新丸の内ビルディングに入っています。

17:00前に店に行ったらほぼ売り切れに近い状態でした。
ロールケーキはもちろん無く、
店の人に聞いたら11:00から販売して
早いときは30分で無くなると聞きました。
これはぜひとも食べねばという気持ちが沸いてきました。
で諦めてガトーショコラを買って帰宅。

このガトーショコラ、自分には丁度よい甘さで、
コーヒーと一緒に美味しくいただきました。

にしてもロールケーキ食べたいなー。

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

景気サイクル投資法ーなんてコストパフォーマンスの良い本なんだ。



景気敏感株をシクリカルセクターと表現。
鉄鋼、化学、非鉄、などの素材産業の投資手法について書かれた本です。
735円という価格に対して載っている内容はかなり納得のいくもので、
コストパフォーマンスに優れている本なのは間違いありません。

定義とどのように取り組めばいいのかがしっかり書かれているので、
高い本を買うのに抵抗ある人や
景気敏感株、市況関連株という括りで
トレードしていなかった方などは
是非読んでみるといい本だと思います。

これを読んで、商品先物、というか商品というジャンルに興味が出てきました。
次は紹介されていたジムロジャースの「商品の時代」を読んでみたいと思います。

私の取り入れは、

検証の際に、シクリカルセクターというフィルターを作る。
商品価格ノートと作りノートに記入する習慣をつける。
シクリカルセクターを分類できるように書いて覚える。

です。

アファメーションを声に出して読もう!




テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

怒らないこと?自分には必要な1冊です。



最近、特に怒りの感情が出やすくなっている気がします。
よくもまあ、些細なことでムッとできるものだと
ある意味感心してしまうほどです。

というわけで、
ちょっと怒りの感情が出て収まらないときは、
この本のレバレッジメモはよく読み返すようにしています。

この本を読んで、まずは怒りが生まれたら、
「あっ、これは怒りだ。これは怒りの感情だ」と自分を観る。
怒っていると冷静に自覚する事ができるようになり、
それだけでも以前よりも癇癪にならなくなった気がします。

自分はちょっと怒りっぽいなーって感じている人は、
一読してみる価値があると思います。



私の取り入れは

自分は完全ではないし、
他人にも決して完全な結果を求めないという思考を持つ。

怒りを死ぬくらいの猛毒としてみること。
「怒ると、自分を壊してしまう」と理解する。
自分の悪いことの結果は、自分で受け入れられるようにしてあげる。

話し合うときには、感情でしゃべることを許さず、
何が問題なのか、なぜ問題なのか、そのポイントだけを言うこと。

何があろうとも拒絶せず、状況を受け入れて楽しむこと。

お笑いをもっと研究する。

です。

★★


テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

プロフェッショナルを目指すためのシステムトレードセミナー ?VBAの勉強を決意しました。

sisutore.jpg

昨日は、友人と二人で「プロフェッショナルを目指すためのシステムトレードセミナー」
の勉強会を開きました。
最初は、一人で見たんですけど、あまりの難しさに30分で挫折。
しかし、買った以上は絶対見なければと思い、
友人宅に押しかけ、一緒に見ました。
最初はエクセルでのシステム作りの例題の部分だったので、
大分苦戦しましたが、その後の説明は割とすんなり理解できました。

それでも理論編にもかかわらず、
自分にはだいぶ高度な内容でした。
まだまだ未熟だということでしょうか。

回帰分析や関数VBAについてもっと勉強しようと実感させられました。

得るものとしては、
例題で見せてくれたループ処理などは、
自分が検証で今まで一つひとつ手作業でやっていた部分を
短縮できる可能性があるのですぐに実践してみたいと思いました。

それと、火曜日に日経平均の動きが山なりになりやすいというのは
面白い情報でした。

最後に、新鮮データ優先の原則は今使っているトレード手法の参考になりそうです。



少し勉強してからもう一度見ればまた新たな発見があるかもしれません。
この年になって友人と一緒に勉強するというのも中々新鮮でした。
またやりたいですね。

テーマ : システムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

私の財産告白?こんな偉人を今まで知らなかったなんて恥ずかしい。



埼玉県に住んでいるものとして、
今の今までこんな偉人がいたことを知らなかったことを
恥ずかしく思う次第です。

資産を築く王道を指し示してくれています。

本業専一
勤倹貯蓄

四分の一天引き法は
ザ・レターの一割貯蓄と同様の考え方です。

自分もさわかみ投信25000円と
年金保険を10000円毎月積み立てていますが、
さらに強制貯蓄をしていかねばと思っています。

と同時に自分にとって一番重要なのが節約の部分。
この本を読んで本当に節約の大切さを実感させられました。

「私の財産告白」「私の生活流儀」「人生計画の立て方」
この3つはいつまでも本棚に置いておきたい本ですね。

私の取り入れは

今付けている家計簿を反省しやすいよう
支出が多い部分をさらに細かく分類する。

生涯勉強、生涯努力の精神を持つ。
1日最低1時間読書、1日1記事UP。

仕事に追われないで仕事を追う。

です。

★★★

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

一点集中力?一点に集中するノウハウは、結局捨てるノウハウ




子供の頃から注意力、集中力が足りないと
言われてきた人って結構多いんじゃないでしょうか。
自分はそうでした。
ですので、珍しく本屋で衝動買いしてしまった1冊です。

集中力を高めるアイデア=効率的に作業を進めるアイデア
が沢山載っています。

仕事術などの本を読んでいる人は
結構知ったような内容も多いですが、
参考になるポイントも結構あります。

私は
大き目の付箋に優先順位を書き出し、
一つのタスクが終る度に一から書き直す

というアイデアは一見非効率に見えて
中々ためになるアイデアだと思いました。


自分の取り入れは

一対象について全項目チェックするやり方より、
一つのテーマに絞ってチェックするやり方で物事を進める。

手帳、そして大き目の付箋に
今日のページにやるべきことを
優先順位順にすべて書き込む。
そしてその中の一つが終わる度に、
付箋全体を新しく書き直す。

「集中できない理由」を紙に書き出して、
「気になること」を顕在化させる。

です。

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

Wクリームエクレア?噂に便乗してみた。

ekurea.jpg

こんなニュースが出てたので買って食べてみました。
Wクリームエクレア。
デザートコーナーの一番目立つところを占領していました。
カロリーが気になるところだが、
確かに美味しい。
ファミリーマートはデザート強いですね。
セブンイレブンと比べても
ちょっと勝ってるかもと思ってしまいます。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

googleアドセンスの歩き方?これを読んで勉強、勉強



まだビッグバナー貼り方すらよく分かってませんが、
これを読んで色々勉強したいと思います。

テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

ラリーウィリアムズの短期売買法?有用な本は高い、高い本にはそれなりなことが書いてある。



初めて買ったの1万OVER本。
買うまでにかなり度胸が要ったが、
これを買ってからある事に気が付きました。
ある程度読む本を読めば、
2000円本5冊より10000円本1冊のほうが
得るものがあると。
それからと言うもの高い本も積極的に買うようになりました。
もちろん事前の下調べは重要ですが。

この本は短期売買をメインにしている自分には
改めて気付かせてくれることが多く、
デイトレード・ゾーン・リンダラリーと並び、
よく見返す本の一つです。

きちんとデータを挙げて書いてあるので、
内容も納得しやすいです。

トレードというものを学びたい人は
是非一読するべきでしょう。

これを読み返して、
現在のデイトレード手法のロスカット基準の変更に役立ちました。


印象に残っている言葉は

選択、タイミング、リスク管理、
これこそが成功するトレードの要素のすべてなのである。

大損失は、現実を無視した、絶対と思ったトレードの時にやってくる。

このビジネスで勝ち残っていく秘訣は、
負けトレードをできるだけ速く手仕舞い、
勝ちトレードを抱え込むことなのである。

皆さんと同様、私も好きでストップを使うのではない。
嫌であるが使うのである。「常に」。

です。


自分の取り入れは

自分のシステムの事前設定を行っておく。

システムを作る際、損切りはある程度離れたラインに置くようにする。

負けが続いた後、取引を開始したり取引量を増やしたりするアプローチを採用してみる。


アファメーションを声に出して読もう!

★★

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。