スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリスマ体育教師の常勝教育?よく書く子ほど強くなれる。



阪の荒れた公立中学から7年間で13回もの陸上日本一を生んだ
カリスマ体育教師・原田隆史の指導法についてかかれた本書。

この本でもやはりアファメーションを取り入れているようです。
そしてやはり大事だと感じたのは「書くこと」ですね。

著書の中でも
『書く量が「強さ」と比例するようになってきました。
よく書ける子ほど強いのです。目標設定用紙の文字量、日誌の文字量、
しっかりした文章が書けるということが競技力向上につながってきた。』
と述べています。

3分間作文法なんかは面白いアイデアだと思いました。
自分の場合はブログを制限時間を決めて書いてみる戸いいかもしれません。

他に印象に残った部分は

タイガーウッズはその日のベストワンプレーのみを繰り返す。

の箇所です。

ルティーンとして上手くいったときの行動を意識的に繰り返し続ける。
自分の取入れ集に加えたいと思います。

アファメーションを声に出して読もう!
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。