スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き残りのディーリングーポジションテイカーが最も欲しいものは値幅です



レバレッジメモを書かずに放置している本が溜まりすぎたので、
ここらで一気に纏めていきたいと思います。
その第一弾は「生き残りのディーリング」です。

デイトレード」には及びませんが、
この本もトレードをする上での重要な心構えを教えてくれる良い本です。

自分が印象に残った点は

それまで一本調子で上がってきたように見えても、
警戒感から買えていない相場は、まだまだ上がるものと考える。

見越し売買、大いに結構。リスクは避けるものではなく、上手く管理する。

という部分です。

最初の部分は今更ながら「確かに」と思わされました。

トレードを始める人は是非読んで欲しい本ですし、
色々と投資本を読んでいる人でも改めて気付く点が発見できるかもしれない、
そんな本だと思います。





アファメーションを声に出して読もう!



スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。