スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然マルサがやって来た!?FXのすごさと怖さがよくわかる。



表紙に惹かれて買ってしまいました。
FXで10億近くの大儲け→サブプライムショックの下落下での大損。
資産は2008年10月には2000万円に。
その後に国税局による脱税摘発。
今までの評価益未申告による修正申告額は1億6000万円。
一気に1億以上の負債を抱えることに。
ものすごいジェットコースター人生です。
一昔前の不動産流動化に特化した投資家や
信用をガンガン使って億まで積み上げたデイトレーダーを彷彿とさせます。
ただレバレッジが何百倍とかけられるので
資金の増えかた、減りかたがハンパないですね。

FXのトレード内容について詳しく触れていなかったので、
どんなものなのかよくわかりませんが、
長期トレンドにとことん乗っかった印象を受けました。
著者のガンガンいくトレード姿勢や
派手な金の使い方をする一方で細かい節約姿勢を見るに、
とにかく極端だなーと感じました。
通常の枠にはまっていないところが億にいった秘訣なのでしょうか。
また億を超える負債+年14.6%の延滞税を抱えるも
底抜けにポジティブな姿勢には頭が下がります。

ただ、この本を読んでる限りだとFXってやっぱ怖え?って、
FXに対して負のイメージしか与えない気がするんですが。
最後にFXの税金について詳しい解説を載せるとか、
これからFXやるならこうしとけみたいな教訓を
強調して書いて欲しかったです。
壮絶なジェットコースタートレードをしてきた人が言うからこそ
陳腐な助言も受け入れられると思うんですよね。

この本を読んで、私も負けたくないなという気持ちがすごく湧いたので、
その点で読んで損はない本でした。

アファメーションを声に出して読もう!
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。