スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当のようなウソを見抜く?セブンイレブンの強さの源はこれだった。



私は、コンビニの常連客で、
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、
サークルKによく行っていますが、
一番のお気に入りは断然セブンイレブンです。
やっぱり、弁当類の充実度は段違いです。

この違いが生まれた要因が、
セブンイレブンの実践している「仮説・検証」。
「なぜ、どうしてなのかとクエスチョンを出し続け」
「そこから踏み込んで‘顧客の立場で’見直す」
この積み重ねなんじゃないのかと思います。

その他にも「変化対応」、「選択と決断」、「対話力」の極意など、
なるほどと思う部分は多かったです。


私の取り入れは、

読書の線引きは自分の理解と異なる反対の意見をよく引くようにする。

常に「なぜ、どうしてなのかをクエスチョンを出し」手帳に書きとめておく。
特に人のトレード手法を新しく知った時は
それについての仮説・疑問を最低5個以上書き出す。

です。



今日、ファミリーマートでうなぎビビンバ丼を買いましたが、
普通に箸を入れるのってどうなのかなって思う。
前にチャーハンを買ったときもそうだった。
普通、スプーン入れるか、
どっちか尋ねるぐらいの配慮があってもいいんじゃない。
自分が買った店がたまたまだったのか・・・。
でもセブンイレブンって、
こういう所が結構徹底してるんですよね。
この細かい部分が積もり積もって、
自分の評価の大きな差になってるんだろうけど。

ファミリーマートの
食品のコラボ商品や
ビジネス書を揃えているところ、
スイーツ類、無印は好きなんだけどなー。

ローソンは、からあげくんと80kcalアイス以外は
魅力的なものがありません。

自分の評価順位は

セブンイレブン>ファミリーマート>ローソン

です。





スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。