スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤一人とみっちゃん先生が行く?速いものには需要がある。



人生が全部うまくいく話以来の斎藤一人さん関連本。
自己啓発本の中でオグマンディーノの本同様に、
読んでいて暖かくなれる、そんな本でした。
斎藤一人さんがみっちゃん先生の悩みや話に応える様は、
さながら現代版「論語」みたいな印象を受けました。

今回、この本で目に留まった点は、

スピードを上げると間違いが出るんじゃないか、って思うかもしれないけれど、
ダラダラしている人のほうが間違いが多いものなんだよ。
間違えずに早くやる、これはセットなんだ。
遅くて賞賛されるものってこの世にはないんだよ。速いものには需要があるんだよ。
だから人の倍働くつもりで、ちょっとだけスピードを上げてごらん。
君に対する需要が増してくるよ。
スピードを上げるといっても、「楽しい」といっていられるペースがいいんだよ。

「アタマが悪いから読まない」じゃなく、「アタマが悪いから20回読みました」って、
その答えができるキミが、素晴らしいんだよ。
理解がいい、悪い、が問題なんじゃない。
理解が悪いから本を読まない、本は向かない、っていう人がほとんどなんだよ。
だけど、理解が悪いから、「人の3倍読みます」「4倍読みます」と。
そういえる人が出世するんだよ。
社会に出て出世する人って、最終的には、やるべきことをねばり強くやるだけなんだよね

の2箇所です。

最近、特に本を読むスピードが落ちてきていましたが、
読みこぼしが怖くて変えようとしないままでいました。
だけど、理解できなければ、何度でも読めばいいだけの話で、
いたずらにスピードを遅くするものではないなと考えるようになりました。

取り入れは
本を読むスピードを上げる。
理解できなければ何度でも読み返してみる。
具体的には、現在の2日で1冊のペースを1日3冊にする。
内1冊は既読の本で読み返したい本を読んでみる。

です。

アファメーションを声に出して読もう!

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

斉藤一人さんいいですよね!

わたしも一人さんは大好きです。
何かわかりませんが、語り口調風な文章がすごく気に入っています。

久しぶりに読みたくなりました。

はい!

コメさん、コメントありがとうございます。
そうですよね、あの語り口調の文章のおかげで、
堅苦しく読むこともなく、
言っていることも素直に受け入れられる感じがします。

是非読んでみて下さい。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。