スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ最強のFX理論?バックテスターになろう。



表紙や題名を見ると胡散臭くて普段なら買わない本でしたが、
先日の投資戦略フェアでロブブッカーの公演を聞いて、買いました。

この本に書いてあったバックテスト最低1000回は衝撃でした。
自分が手法検証の甘さをガツンと指摘された気がします。

最低1000回のバックテストとデモ口座を2倍にする。
確かにここまでやれば、自信を持てないままでいるのが不思議かもしれません。


「バックテストのためのバックテストではなく、
生活に即したバックテストをすべき」という点や
NYボックス、スタッキングなども投資アイデアの参考になりました。

以前、
元プロ・ディーラーが明かす外為FX勝者の条件を導入本として薦めてましたが、
こちらもそれに優る本だと思います。
是非読んでおきたい1冊です。

★★


アファメーションを声に出して読もう!
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

No title

こんにちは。
以前 RUW さんが記事で紹介されていたので私も購入して読みました。昨日ロスカットされ今のままでは勝てないと思い Forex tester のバックテストで訓練してそれからデモトレードに移り、リアルトレードに復帰しようと思っています。

どの手法をバックテストするかまだ決まっていませんが、「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」を読み始めたので、それを読み終わってから手法を決めてバックテストに入ろうと思います。

とても嬉しいです。

fxblogkaさん、コメントありがとうございます。
拙い記事ですが、自分の記事がきっかけでご購入頂けたのなら
ブログを書いている者としてとても嬉しいです。
ありがとうございます。
Forex tester 試されるのであれば、感想を是非記事にしてください。
私もとても気になっています。
私はメタトレーダーの本を読んで勉強するつもりです。
私の検証はチャートをプリントアウトして
一つ一つ高値・安値をチェックしながら検証する原始的なやり方をしていますので(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。