スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファブリス・ジロット(FABRICE GILLOTE)「サロン・デュ・ショコラ」その2

P1001253.jpg
P1001252.jpg
P1001254.jpg

2番手はファブリス・ジロット(FABRICE GILLOTE)

商品名、中段 ジャルダン・プレシュー

写真中段の左下のフランボワーズのジュレにバラのフレーバーを練りこんだチョコ、
最後にバラの香りが鼻に抜けて最高に美味しかったです。
次が右下のアプリコットのジュレにジャスミンのチョコかな。
3番目が左上のオレンジのジュレにオレンジフラワー、
最後がマンゴーのジュレにイランイラン?
これは自分にはちょっとなーって感じでした。
チョコレートの味が最初にきて、ジュレの味が重なって、
最後に花のフレーバーが鼻に抜ける、このチョコもアタリですね。
値段を聞いてビックリはしましたけど。
頂き物だと純粋に楽しめます。

下段のチョコはパンフレット見ながら半分ほど頂きました。
胡麻のチョコってありですね。
オテル・プラザ・アテネの「タブレット・レ セザム」にも興味が湧きました。
最初はこんなにチョコレート食べられるのかと思いましたが、
美味しいチョコはいくらでも入りますね。
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。