スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づきの投資術ー100回売買でルールの正しい運用を身につける。



投資日記フェスティバル2008の公演を聴いてから、
注目している投資家の新田ヒカルさんの著書です。
すぐにでも読みたかったのですが、amazonが在庫切れだったので、
少し遅れました。

これから投資をしようという方、
投資で中々成果を上げれていない方
にとって大事な投資の心構え、考え方が満載な本です。

著書の中にはこう書かれています。
「よいルールが利益をもたらすと考える人がいますが、
実際はルールの正しい運用が利益をもたらす。」
以前は私も良いルールさえあれば、儲かるだろうと思っていましたが
それはやはり違うということを去年思い知らされました。

この本はルールの正しい運用をするにはどうしたらいいのかと言うことを
親切丁寧に教えてくれています。

私が参考になった点は、

ディシプリン(規律)の部分です。
「ディシプリンと言うのはルールと言うより戒律に近い概念です。」
この言葉は特に胸にささりました。
私自身ルールを決めても相場に合わせて揺らいでしまっていたので、
全く、守れていなかったことを実感させられました。

そのための対策として
この本に書いてある100回売買を忠実に実行しようと思います。
そして一覧表をつくり、ディシプリンが守れているかチェックする。
100回連続ディシプリンを守り、かつ利益をあげられたら、ロットを上げる。
3ヶ月ごとにルールを改善する。
これを繰り返していきたいと思います。

この本にも投資の仕組みを知る上で、
論理学と統計学の重要性も挙げています。
放置していたこれらの本を読み始めなくてはいけませんね。

アファメーションを声に出して読もう!

★★
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

No title

規律 規律ですよねえ

欲望というか感情が投資のときには
邪魔になるときがありますから
大切な部分ですね・・・。

まったくですね

スマイルシグナルさん、コメントありがとうございます。
規律こそトレードでは本当に大切な部分で、
色々な本に口うるさく書かれてます。
でもそれをどう自分のものにするのかと言う点で、
この本に書いてあることを実践して解決しようと思ってます。
またそれができるんじゃないかと思ってます。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。